ENo.222 レリア=リットハート
プロフィール
数多に存在する世界の内の一つ"スフィア・エルフェイア"の"レミレス村"にいる合法少女、23歳。 父キョウスケ=リットハート(うちのこです)と母アルフィ=リットハート(よそのこです)の娘。…なのだが 実は本当の娘ではなく、キョウスケ=リットハートが諸事情により預かった子 いわゆる親が不在の娘だった。 身長/体重:157cm・41kg 出典:スフィア・エルフェイア、七海(初定期) 地域:レミレス村 属性:中立・中庸  性別:女性 両親のことを父様、母様と呼ぶ 水色のメイド服のような衣装を身に纏い元気に駆ける。 彼女の服装は母のものと類似している。 低頻度な敬語まじりの親しみやすい口調でありながら、かなり抜けてる。ドジっ子でありアホっ子。 武器は青色が目立つ細剣"イノセント"に鎖と小振りの剣を組み合わせた "チェイン・ムーン・イノセント"。左腰まわりにある二つの鞘に納められてる。 "イノセント"が100cm、追加された小振りの剣が60cm。 鎖には"次元連結伸縮空間"と呼ばれるものを採用し 鎖を最大50cmまで伸ばすことが可能。二刀流を阻害することがなく、これを利用しての 中距離攻撃も可能になっている。 親が不在としているが実は死んでおり、"歌人"と呼ばれる種族の最後の生き残り。 歌うことにより生物を癒すことができるという特殊な力が備わっているが 感情不安定が過多になると暴走するという一面もあり、この暴走により 彼女以外の"歌人"は全滅した。これについては機会があればまた。 彼女の目標は両親。 父と母は"スフィア・エルフェイア"において英雄とされており 本人達はちょっと嫌々しくはしてるが彼女はそれを誇りや憧れ、自慢できるものとしている。 そして日々楽しく過ごしたり修行をしている。 実力は一生敵わない。しかし、その心は確実に近づいている。 七海時代に死霊術をちょっとだけ覚えており、人懐こい人魂(水)のひーちゃんがいる。 琳彩楼に来た目的は世界の調査。大雑把ではあるが彼女なりに頑張るとのこと。 尚帰宅方法は"連絡"をすれば父様が来てくれるらしい イラスト提供 大本:kano君 一部:きまぐれアフター
愛称
レリア
アイコン
1 2 3 4 5 6 7 20