コミュニティ:

観測台付近・平原

観測台の付近の平原。
いつまでも観測台に屯しているのも憚れるので
少し離れた何も無い所へ場所を移したらしい。
日中は退屈凌ぎに身体を動かしている少女の姿が見えるだろうし、
夜には無防備に寝転がって星を眺める少女の姿が見えるだろう。
トークメッセージ
アリス
「捨てられない荷物なら、もうずっと一つだけさ。捨てたくないって、言うべきかな。」

その話はいいだろう?老いぼれのこそばゆい昔話だからね。と、分かりやすく遠ざける様に間を置いた。

「代わりと言っちゃあなんだが、旅の話をしよう。
 この姿なら昔の事もはっきりと思い出せそうだ。お前さんの話も訊きたいしねぇ。」
(ENo. 85) 2020-07-08 01:22:40
アリス
「何の因果か、老いぼれも今ではこんな格好さ。
 全く……若返る、なんて。御伽噺の中の話かと思ってたのに。」

私は夢でも見てるのかい?と、怪訝そうに首を振る。
しかし、目の前の女人の姿を見ては小恥ずかしそうに頭を掻く。
(ENo. 85) 2020-07-08 01:18:41
アリス
「いやね、もう旅は終わったと思ったんだよ。
 ようやく荷物を降ろして、後はゆっくり時を過ごすだけだと思ってた。」

――でも、違ったんだねぇ。
ふぅ、と小さく息を吐いて目を伏せる。
(ENo. 85) 2020-07-08 01:13:31

「それとも」──おんなは、煙のように嘯く。
「捨てんのに困る荷物でもありぃしょうか、主さまは。

為れば、此も袖の縁。
わっちで良けりゃ、聞かせおくんなし?」
(ENo. 116) 2020-07-07 20:50:53

「永ぇ道を歩いてりゃ、否応無しに想いは募りんす。
其りゃ、見知った景色も、見知ったひとも増えるもんでござんしょう。
手提げは軽ぅして、想い耽らんのが永旅の“こつ”でおざりいすよ。主さま」
(ENo. 116) 2020-07-07 20:46:31

「咯咯。湿気た面は止めなんし。
わっちの煙草も湿気てしまいんす」

幼子を綾すがごと、おんなは笑う。
構わない。これもまた、旅の醍醐味と。
(ENo. 116) 2020-07-07 20:44:58
アリス
「ははっ、悪いねぇ……私の目には、お前さんは眩しかったのかもしれない。」

苦笑を横に、少し見上げた視線を下ろす。

「……本当に、いつかの旅の記憶が戻ってくるみたいで。
 真新しいものの筈なのに、この目で見るものすべてが懐かしい様にも思えるよ。」
(ENo. 85) 2020-07-07 16:41:00

「咯咯。似合わねぇ言葉はよしなんし、こそぐったい」
浮かべるのは、曖昧な笑み。
身に付いた虫を取るように、小さく身を捩る。

「──それに、世辞は“目ぇ見て”言うもんありんすよ、主さま。
そんに遠くを見て嘯くもんじゃあござんせんて」
(ENo. 116) 2020-07-07 14:02:26
アリス
「大仰だったかねぇ? まぁ、こんな別嬪さんに逢うのは、
 それこそ随分と久しい気がするからねぇ……ふふふ。」

――本当に、昔を思い出すようだ。
穏やかな表情は、かつての旅路に見た風景を女人に重ねて見ていた。
(ENo. 85) 2020-06-29 22:01:33
まさか、と暫定少女は面白そうに笑って否定する。
――自分はただの人間さ。
そう口にする少女の横顔は、背伸びした子供の様に大人びていて。
(ENo. 85) 2020-06-29 21:58:07

「……けれど、如何にも。
此は原風景。わっちの國の在るべき姿でござんす」
快なりと、おんなは笑う。
旅に、故郷の話は付き物であるからと。

「この出で立ちなら、目立つでありんしょう?
それこそ主さまが、幾十年の果てに想いを馳せたように」
(ENo. 116) 2020-06-29 09:25:09

「──原風景、でありんすか。嘻嘻」

「随分とまぁ、大きなことを仰ぇすねぇ、主さまは。
童女と思えば、あやかしの類いでござんしょうか?」
(ENo. 116) 2020-06-29 09:24:00

「原風景……嘻嘻。
」」
(ENo. 116) 2020-06-29 09:02:31

「原風景……嘻嘻。
」」
(ENo. 116) 2020-06-29 09:02:31
アリス
「私の居る所じゃあ、東国の人は滅多に見かけなかったからさ。」

海を渡った向こう側の国は遠いよ、と懐かしむ様に口にする。

「自分も東国を歩いたのは何十年も前になる……
 お前さんの姿は、まるでその時に見た東国の原風景みたいだ。」
(ENo. 85) 2020-06-26 16:03:14

「えぇ。仰ぇすとおり、異国のもんでございす。
西かひんがしかは存じゃせんが」

怪訝そうに嘗める視線に、くすぐったそうに笑みながら。

「見たところ、主さまも随分旅慣れとるようでありんすが。
それほど余所もんは珍しゅうございしょうか?」
(ENo. 116) 2020-06-26 11:57:52
アリス
「ふぅん……あまり聞かない音だ。
 東の方の出身なのかな。雰囲気と言うか、そういうのも似ているし……」

女人の表情を見ていた視線は、その装いの方へ落ちる。
何処か独特な言葉遣いもそれらしさを強く感じさせていた。
(ENo. 85) 2020-06-25 16:27:03

「アリス……嘻嘻。
かぃらしぃ名前でありんすなぁ」
どこかおかしそうに、小首を傾げながら。
含むように一度、ゞ。

「わっちの姓は嫦蛾、名を月〈るぅな〉。
しがねぇ根無しの風来坊ではござんすが、腐らず遊んでやっておくんなし」
(ENo. 116) 2020-06-25 09:43:15
アリス
「私だって、旅の話ぐらいしか面白い話は出来ないよ。」
改めて、女人の方へ向き直ってひとつ頷く。
「自己紹介が遅れたね。私はアリス。
 今は孤児院をやってる、ただの老いぼれさ。よろしく頼むよ。」
(ENo. 85) 2020-06-23 18:09:16

「……嘻嘻。主さまも退屈でありんしたか」
からと笑み、小さく感嘆符。
火種の尽きた煙管を、くるくると指先で遊びながら。

「あい、よござんすよ。
生憎、こちとら酒と煙草と旅の話以外に種は持ち合わせとらん油虫でございすが、それでも宜しければ」
(ENo. 116) 2020-06-23 16:50:55
アリス
「そうは言ってもねぇ……」

顎に手を添えて、考える仕草をする。
逆に何も思い付かず困った様に金の髪を弄ぶと、何かを閃いたのかぽんと手を合わせる。

「それなら話相手にでもなっておくれよ。これも何かの縁だと思ってさ。」
(ENo. 85) 2020-06-22 14:16:56

「さて」一服、役目を終えた灰を、皿より溢し。

「とは申せど、生憎、良き芸に見合う駄賃もござんせんで。

なれば丁稚の真似事をとでも考えとりゃすが、如何でござんしょう。
幸い時間だけはある身でござんす。
人助けと思うて、何でも言ぅてお呉れなんし?」
(ENo. 116) 2020-06-22 13:02:10

「なんとまぁ。主さまは手妻師でもありんしたか。
わっちと違ぅて、多芸でありんすなぁ」

然も愉快そうに、からころと笑みを零す。
(ENo. 116) 2020-06-22 13:01:21
アリス
「子供受けがいい手品のタネさ。今じゃ手品には使ってないけどね。」

役目を終えれば四角の物体の炎は、まるで蝋が溶け落ちる様に物体ごと消えてしまう。
使い捨ての物品だった様だが、勿体振る様子も無かった。こういう形ではあるが、有効活用出来て良かったと暫定少女の微笑が物語っている。
(ENo. 85) 2020-06-22 03:31:35

「──ありがとぅ、ござりぃす」
満足げな笑みと共、“とろり”と、白煙がくゆる。

「主さまは、面白い法を持っとるのでございすねぇ。
魔術か、はたまたからくりか。
異国異界の出会いは、ゆえにこそ快でありんすなぁ。嘻嘻」
(ENo. 116) 2020-06-22 03:12:13
ちょっと待ってて、と懐を漁る。
そこから取り出したるは、透き通った焔色の四角い箱の様な物体。
仄かに熱を放つそれは、暫定少女の広げた手のひらの上で静かに佇んでいる。
女人がそれに向けて煙管の火皿を差し出したなら、
小さな炎がぼっ、と燃え上がり火が灯るだろう。
(ENo. 85) 2020-06-22 02:28:17
アリス
「……火、点けようか?」

煌びやかな女人の持つ煙管が何なのか、そして今無いものが何かはすぐに判った。
差し出がましいか、などと思いつつも暫定少女は歩み寄りながらそう提案するのだった。
(ENo. 85) 2020-06-22 02:20:12

「……なぁ、主さまよ。邪魔ぁしてごめんなんし。
そのぉ……火ぃ、持っとりゃあせんか」
そうして、逡巡、幾ばく。
けれど結局、欲望には抗えず。

いささかばつが悪そうに、ぴこぴこと咥えた煙管を動かしながら。もう一度、あなたへ声を掛けるのだ。
(ENo. 116) 2020-06-22 02:15:34

「…………ぁ」

気づけば空になっていた燐寸箱を暫し見つめ、眼をしばたたかせる。
くしゃくしゃと器用に纏めた葉煙草は、とうに煙管の中に詰まったままに。
零れたため息は、白く煙ることもなく、虚空に消えた。
(ENo. 116) 2020-06-22 02:11:41

中華まんをたっぷりふたつ食べ終えるまで、その演舞をぼんやりと眺めて後。
慣れた手付きで、下げた革袋から取り出すのは。朱に染まる長煙管と、何処の國の燐寸箱。

「……さて。そんじゃあ、わっちもそろそろ──」
観劇を終えたおんなは、満足げに、煙草に火を灯そうとし──
(ENo. 116) 2020-06-22 02:09:59
暫定少女は短く「応」と応えるのだ。
動きを止めたのを良い機会に、空いた小腹を軍人から貰ったクッキーで誤魔化して。
それから一呼吸置いて、再び鍛錬へと打ち込む。
よく動く肉体に、老いぼれの精神が戸惑いながら。
振るわれる拳も、地を踏み締める脚も、ひとつひとつが己の存在を確かめる様に。
(ENo. 85) 2020-06-22 01:14:47

「月
「──嗚呼、わっちのことは蛾虫と思い、構わず続けておくんなし。
それは武術でありんしょう?舞のように雅で、見ていて飽きんせん」

気づかれたことを察したのか、おんなは小さく声を張る。
ひらひらと手を振りつつ、鮮やかに笑んだ。」
(ENo. 116) 2020-06-22 01:05:06
船の来訪の後も、休む事無く動いていた暫定少女。
身体の調子を確認したり、日課の鍛錬に精を出したり。
夢中になっていて気が付かなかったが、中華まんの微かな香りを嗅ぎつけて振り返った。
遠目に姿を見ては「美味そうだな」なんて呟いて、こちらに気付いているかはともかく軽く手を振ってみるのであった。
(ENo. 85) 2020-06-22 00:44:08
おもむろに包みを開けると、未だ湯気の立ち上る中華まんを取り出して、呑気に食べ始めた。
(ENo. 116) 2020-06-22 00:20:01
どんがら、どんがら、どんがらり。
右へ左へ忙しないあなたの姿を、小さな飲茶の包みを片手にぼんやりと眺めている。
(ENo. 116) 2020-06-22 00:17:44
アリス
「ん……そろそろ動く時か?」
(ENo. 85) 2020-06-20 12:20:36
そろそろ何処かへ行くのも良い頃合いか。
と言っても暫定少女には行くアテも無いので
何処へ行こうかと二の足を踏む状態だったが。
(ENo. 85) 2020-06-18 06:11:48
アリス
「ふぅ……若いって素晴らしいよ。
 こんなに動けるとはね。」
鍛錬が終われば、元の可憐(?)な少女像の雰囲気に戻る。
有事の時とそうでない時の雰囲気は、よく別人の様だと言われる方だ。
「……身体はしっかり憶えてるもんだね。
 いつか、再び蜃気楼を超える時が来るんだろうさ……」
(ENo. 85) 2020-06-14 08:19:33
アリス
「――夢想流拳術、疾空閃!」
本来であれば、高速の突進と共に打撃を叩き込む技である。
今回は相手はいないので形だけ再現しただけだ。
「……よし、だいぶ動ける様になってきたね。
 これなら、あの船で戦う事になっても安心だよ。」
(ENo. 85) 2020-06-14 08:15:24
だん、と踏み込んだ左脚。
姿勢がそのまま低くなり、身体全体に力を込める。
次に右脚を踏み込んだ時には、暫定少女の身体は疾風の様に
一直線を滑るかの様な高速の移動を伴った。
(ENo. 85) 2020-06-14 08:11:00
アリス
「ふっ、はッ!」
翌、朝から鍛錬に明け暮れるいつもの姿。
少女にしては掛け声も勇ましく、猛々しい覇気がある。
「せいッ!いやぁッ!!」
(ENo. 85) 2020-06-14 08:07:45
鍛錬に明け暮れた後日、
疲れ果てて今日はゆっくりしていた。
以前軍人から受け取ったクッキーを時折頬張りながら
ぼんやりと時を過ごしていた
(ENo. 85) 2020-06-13 15:45:48
アリス
「……ふぅ、こんなもんだろ。」
日が落ちるまで鍛錬に明け暮れていた暫定少女。
休息の為にその場に腰を下ろして座り込んだ。
「まだ若返ったのが信じられないぐらいだ……
 でも、紛れもなくこれは私の身体なんだよな……」
(ENo. 85) 2020-06-12 18:24:38
――翌日。
暫定少女は今日も鍛錬に明け暮れる。
乖離した精神と肉体の同調を取り戻す為。
一つ、また一つとそれぞれの動作に意味を込めて。
(ENo. 85) 2020-06-12 08:57:18
アリス
「……うん、美味い。何か食うのも久し振りな気がするね。」
包を開けて、中のクッキーをひとつ手に取り
ひょいと口許へ運んで一息に噛み砕く。
仄かな甘味が広がって、空きっ腹には罪な味が届く。
「……へへ、何だか優しい味がするよ……」
(ENo. 85) 2020-06-11 23:10:51
アリス
「……ちょっと恥ずかしいね。」
彼が去りゆくその背が見えなくなるまで見送ると、
すとんと腰を落として握っていた手元の包に視線を落とした。
「ちょっとずつ食べよう……大事にね。」
(ENo. 85) 2020-06-11 23:07:40
『ぜ?』
彼女の外見からは想像のつかぬような語尾があふれ出たような気もする…が
スルースキル発動
「ふふ、其れは名案だね。君もその身に戻って慣れた頃合いだとは思うが、どうか頑張り過ぎぬように。──扨やっと言葉交わせたと思えば時間の様だ。
また顔を覗かせるよ。おやすみアリス。」

“ちゃんと眠るんだよ”と最後に一言付加して去った世話焼き軍人であった。
(ENo. 22) 2020-06-11 22:50:29
アリス
「見た目ガキだしそんな事気にしないでおくれよ!
 貰えるものはありがたく受け取っておくぜ!……よ。」
嬉しさの余りつい昔の口癖が滑る。
取り繕うかの様に語尾だけ言い直して、包を受け取った。
「へぇ、クッキーか。いいねぇ……紅茶も欲しくなる所だね。」
(ENo. 85) 2020-06-11 22:34:56
義足の軍人
「まあ大したものではないのだけれど…」
[そう告げるなり体躯を起こした彼女へ、うさぎの形をした可愛らしいクッキーの入った包みを差し出した]
「大人の女性である君にこれは聊か子供騙しな気もするんだが…君がいつも人知れず頑張っているのを見て。労いのつもりだ。」
(ENo. 22) 2020-06-11 22:23:41
アリス
「私に渡したいもの……?」
身体を起き上がらせて、きょとんと目を丸くする。
「一体どうしたんだ急に。」
(ENo. 85) 2020-06-11 22:02:35
義足の軍人
「[“やっと会えた”と安堵の一声を零すは素直な質。休憩中の彼女のもとへ歩み寄った。]実は観測台で君を毎日のように探していた。──と、述べると何を急にと思われるかもしれないので先に言うが君に渡したいものがあったんだ。」
(ENo. 22) 2020-06-11 22:00:03
アリス
「(随分遅くまで鍛錬に明け暮れていたらしい。暫定少女は平原に身を預ける様にして休んでいる。)
「おっ、軍人さんかい? どうしたんだ。」
(ENo. 85) 2020-06-11 21:52:16
義足の軍人
「[こっそりと様子を見に来た。なんとなく彼女がいるような気がして。]
「……もしもし…」
[に、しては控えめ]」
(ENo. 22) 2020-06-11 21:38:05
アリス
「なんだ、動くじゃないか!
 若いって……いいねぇ。」
しっかりと自分の意思に追従する身体の動きに、暫定少女は満足していた。
「うん……何で若返ったのか解らないけど。
 これなら苦労せずに済みそうだ。」
(ENo. 85) 2020-06-11 12:02:22
暫定少女が繰り出す拳と脚。
空を裂き、音を立て、キレのある動きで演舞する。
ひとつひとつの動作が、自分の身体を確かめる様に。
孤高の勇者の精神が、再びそこに舞い戻ってきた。
(ENo. 85) 2020-06-11 11:59:14
アリス
「よし……」
広い平原、邪魔になるものは何も無い。
自分が邪魔になる事も無い。
立ち尽くす暫定少女は拳を握り締め、身構えた。
「久しいが……身体は動くかねぇ。」
(ENo. 85) 2020-06-11 11:55:35
新しい朝だ。
暫定少女はゆっくりと起き上がり、身体を伸ばす。
大きく深呼吸をすると、自然の息吹を全身で感じる様だ。
(ENo. 85) 2020-06-11 09:22:37
アリス
「そうか……お休み。良い夜を。」
「俺も……おっと、私もそろそろ寝るとするかい。
 流石に眠くなってきたかな……」
(ENo. 85) 2020-06-10 23:34:57
エリオット
「つまりいつ寝ても素敵な時間を過ごせるってことだわよ!良い夜をお過ごしになって〜!」
(ENo. 53) 2020-06-10 23:32:53
エリオット
「ヒトはみな詩人、女の子はみんないつまでも心はオトメなのよ!あたしもドキドキしてきちゃうわぁ……この街じゃ夜更かしもおねぼうも、怒る人なんていないしぃ」
(ENo. 53) 2020-06-10 23:32:09
無貌淑女
「ふふ、だが、だからこそ今日はベッドでぐっすりと寝て、明日もベストコンディションで満喫できるようにしたいかな。私は野宿慣れしていない事だし。今宵はこれにて失礼させてもらうよ。」
(ENo. 131) 2020-06-10 23:31:57
アリス
「そうだな、魅力的だと思う。
 でもこれからもっと刺激に満ちた日が待ってると思うと
 今からワクワクしてしょうがないんだ……」
(ENo. 85) 2020-06-10 23:27:57
無貌淑女
「ははは、表現が上手だね。私も同感だ。この国は、世界は、大変魅力的だ。箱入り娘には少々刺激が強すぎるくらいにね。」
(ENo. 131) 2020-06-10 23:26:20
アリス
「まだ来たばかりで、色んなものが新鮮に見える。
 空に浮かんでる星だって、自分が見てきたものとは
 まるで全く別のものみたいに見えるしな。」
暫定少女は星空を指差す。一際強く輝く星を。
「何だか、眠るのが少し勿体無い気がして……」
(ENo. 85) 2020-06-10 23:16:23
エリオット
「んん〜!分かる、わかっちゃうわぁ!この街って宝箱みたいですもの!星空だって、船から溢れた宝物が宙に浮いてるみたいで、あたしなにもかもロマンチックに見えちゃうの」
(ENo. 53) 2020-06-10 23:06:41
アリス
「そろそろ眠ろうとは思ってた所だけど、
 正直言って眠気はそれほどでもないんだ。
 ……なんか、ワクワクしてるって言うか。」
(ENo. 85) 2020-06-10 22:58:20
エリオット
「星空が賑やかですもの、1人くらい増えてもいいわよねっ!それにしてもお嬢ちゃん、こんな夜まで起きてて眠くならないの?」
(ENo. 53) 2020-06-10 22:54:36
アリス
「良い場所見つけたと思ったら続々来るもんだな。
 賑やかなのも嫌いじゃない。歓迎するね。」
(ENo. 85) 2020-06-10 22:49:33
アリス
「故郷も自然が身近な所でさ……
 ここにいると、故郷の事を思い出すようだ。」
懐かしむ様に暫定少女は語る。
吹き抜けて髪を靡かせる爽風が、何処までも心地良かった。
「自然を感じながらゆっくり休める……最高だ、ここは。」
(ENo. 85) 2020-06-10 22:48:10
エリオット
「んま〜、お星様とお嬢さんたちがキレイだわね〜!(ひらひらした服を着た男がふらふらしゃらしゃら、上を見ながら歩いてきた)」
(ENo. 53) 2020-06-10 22:47:22
無貌淑女
「……自然とは、いいものだ。ここに来てよかったよ。」
(ENo. 131) 2020-06-10 22:44:40
無貌淑女
「うん……素晴らしいね、」
(ENo. 131) 2020-06-10 22:43:55
アリス
「そうかい? まぁ……何でも良いけどさ。」
寝転がりながらやって来た人物の方を一瞥していたが
視線を天上の空へと戻す。
「吹き抜ける風も心地が良い。
 何て言うか、自然が豊かって言うか……」
(ENo. 85) 2020-06-10 22:38:29
無貌淑女
「いや、野宿ではないね。興味はあるけども。今夜は風に当たりにきただけさ。」
(ENo. 131) 2020-06-10 22:32:54
アリス
「ん?……お前さんも野宿かい?
 私の土地って訳じゃないし、好きに使いなよ。」
(ENo. 85) 2020-06-10 22:26:01
無貌淑女
「おっ、こちらの方が風通しがいい……っと、先客がいたかな。」
(ENo. 131) 2020-06-10 22:19:13
ごろんと寝転がって、今夜も星を視る。
星座も何も解らないが、空に眩く光っているそれを
無心に眺めているだけでも存外楽しかった。
(ENo. 85) 2020-06-10 22:15:25
アリス
「よっ、と……ここなら邪魔にならねぇだろ。」
観測台から出て、然程離れた所にある訳でもない平原へ
暫定少女は場所を移した。ある意味絶好のスポットだ。
「風が心地良いな……今日も最高の野宿日和だ。」
(ENo. 85) 2020-06-10 22:06:40