コミュニティ:

露店・屋台通り

色々な飲食物やお土産が売られている通り。
ちらほらと存在するテーブルで休む事も出来るし、食べ歩きも可能。
何に使うか分からないへんてこな物が売っていたり、見たことがない食べ物も売ってたりもするかもしれない。
兎に角いつも賑やかで、美味しそうな匂いの絶えない場所だ。


【置きレス・リアルタイム等はご自由にどうぞ!
観光や買い物、飲食ロールの役に立てて頂ければ光栄です】
トークメッセージ
〔そこらへんの机でぼんやりと過ごしている。休憩だ。〕
(ENo. 12) 2020-07-05 21:22:54
「嘻嘻。至福でありんすねぇ。
けちな真似と分かっちゃいても、異国と申せば、ほんに此れが止めれん」

そうして、幾ばくの後。
ぱんぱんに膨れた包みを抱えた女は、意気揚々とその場を立ち去ってゆくのだった。
(ENo. 116) 2020-06-22 00:41:43
「──店主さまよ。そこな包子を適当に。
それと……この饅頭をふたつばかり包んで呉れなんし」
派手な着物の女性が、満面の笑みで中華まんを買い込んでいる。
奥の厨房の様子を見ながら、蒸し上がりを狙い打ちするように。

ひとつ、そうして、またひとつ。
指を指す都度、ショウウィンドウから昇る湯気が消えてゆく。
(ENo. 116) 2020-06-22 00:33:05
(やたらと声のでかい女がパイ包みを三つ買っていった。
剣を帯び、金属製の胸当てが目立つ格好からすると旅の戦士かなにかのようだが、身ぎれいな上にかなりの美貌だった。
うるさい表情と声で台無しだが。)
(ENo. 39) 2020-06-18 01:45:49
「店主!これは美味そうな包み焼きだな!……何、中にひき肉と野菜を和えた具が!?それはなんと良いとこ取りでいいものだ!三つ頂こう!」
()
(ENo. 39) 2020-06-18 01:40:58
我儘雨の吸血姫
「…………はぁ、もう。庶民はまったくもって失礼ですわ!」
数十分後、どうも何か違うらしいと気付いたのか、単に待ちくたびれたのか。
八つ当たりのような悪態を残して吸血姫は去っていった。
(ENo. 196) 2020-06-15 22:08:48
我儘雨の吸血姫
(ENo. 196) 2020-06-15 22:01:01
我侭雨の吸血姫
「あら、賑やかな通り。それに珍しいものばかりですわ。ふーん……庶民はこういったものを食べているのね
 せっかくですから私も何か一つ頂こうかしら」
(パラソルのあるテーブルに着きウェイターを待つ。そんなものは来ないと気付くのはいつだろうか)
(ENo. 196) 2020-06-14 21:55:23
メ―ティー
(立ち上がるとひとつ伸びをして)
「トマトジュースなー、あー……腹減ってきたかも」
(そんなことを呟きながら、また賑やかな人混みの中へと戻っていった)
(ENo. 58) 2020-06-14 13:20:42
〔それでも起きる気配はなく。〕

〔その後いつ目を覚ましたかは定かでないが──恐らく、冷めきったフライドポテトといやに肩身の狭そうなチュロスに気付けば「ええ……、えェ…………??」と首を傾げたことだろう……〕
(ENo. 12) 2020-06-14 13:12:40
メ―ティー
「えー、起きねぇの?」
(椅子にもたれかかりながら周囲を見渡して、やがて握り締められた手をそっと開かせた。そうして中身がほんの少ししかないフライドポテトの袋を握らせ、そこに無理やりチュロスもさして。)
「ははは、それやるよ!金スられる前に起きるといいな!」
(ENo. 58) 2020-06-14 13:07:29
〔あなたに叩かれようとも身動ぎひとつすらしない。所持品を抜き取られようと、何か仕込んだり等の悪戯をしようと、……何をされようとも気付かなそうなほど、それほどに眠りは深い。〕
(ENo. 12) 2020-06-14 12:17:02
メ―ティー
「あはは、やべー!超寝てんじゃん!」
(寝ている様子を観察しながら、フライドポテトを食べ進め。
しばらくすると、寝ている相手の肩を軽く叩いた。)
「いくら人が多い場所だからってー、こういう所で寝てんのは危ないぜ?」
(ENo. 58) 2020-06-14 08:15:22
酸塊
〔誰かが近くに来ようとぴくりともしない。かなり眠りが深いのだろう〕〔片手には食べかけのチュロスを握り締めていた……〕
(ENo. 12) 2020-06-14 00:49:09
メ―ティー
(何やら探しているようで、フライドポテトを片手に屋台を見ては通り過ぎるうちに、突っ伏した人影を見つけ)
「おっ、行き倒れー……じゃなくて爆睡?無防備だなー!」
(ついでに休憩とばかり、すぐ近くの椅子に腰を下ろした)
(ENo. 58) 2020-06-14 00:38:00
〔空いたテーブルで突っ伏している〕
〔寝ているようだ〕
(ENo. 12) 2020-06-13 23:55:33
クアン
「……駄目! さすがにお店に迷惑でしょ、それ!」
(ENo. 5) 2020-06-12 20:40:42
トトテティア
「五百個じゃだめ?」
(ENo. 5) 2020-06-12 20:40:23
クアン
「はいはい。五十個くらい買ってくればいいかしら?」
(ENo. 5) 2020-06-12 20:25:02
トトテティア
「こーいうとこは歩きながら食べるのが楽しいんじゃんっ!
お、あそこたこ焼き売ってるよっ」
(ENo. 5) 2020-06-12 20:23:46
クアン
「ねーテティ、座って食べましょうよ、いくら何でもお行儀悪いわ……
[* 脇を這っていく半人半蛇の女]
[* 雌狐が胸に挟んだ焼き鳥を食べ終えるやいなや、腕に抱えたフライドポテトを胸の間にねじこんで、食べれるようにしてあげる]」
(ENo. 5) 2020-06-12 20:22:30
トトテティア
「がふがふっ、んもっふもふっ……
[* 屋台から屋台へ食べ歩く太っちょ雌狐]
[* 両腕に食べ物をたっっぷり抱えつつ、胸に焼き鳥の串を何本も挟んで、ひっきりなしに首を下げて食らいついている]」
(ENo. 5) 2020-06-12 20:20:31
ジョージ
「カツサンドうめぇな。他にも美味そうな料理あるし、稼いどかねぇと(もぐもぐ)」
(ENo. 186) 2020-06-12 18:03:23
ルジェ
「ううん、この辺は歩くだけでお腹が空いてきちゃうなぁ……(ぐぅぅ、と鳴るお腹を抑えて)ううん、我慢我慢。寄り道せずにまっすぐ帰らなきゃ!(フンス)」
(ENo. 102) 2020-06-12 17:51:06
ジョージ
「(カツサンドを屋台で購入して食べ歩きしている)」
(ENo. 186) 2020-06-12 17:39:40

〔水飴をたべている〕
(ENo. 12) 2020-06-12 15:57:54
Dr.A
「腹が減った、匂いに吊られて歩いてきたがこんな場所があるとはな。しかし金が無いので見るだけ……くっ。」
(ENo. 130) 2020-06-11 22:42:00
科学の魔女(110)
「いやはやほんとに色々あるな。焼きそばに牛串に………おやケパブまで。なかなかどうしてこうも色々あると目移りしてしまうな。全てを食べれたらいいのだが私の胃袋の許容量の狭さを恨むのみだ。何から食べようかなぁ(ワクワク顔で食べ物を物色する魔女だ)」
(ENo. 110) 2020-06-11 17:22:56
ふわふわと宙に浮きながらあたりを見渡して何かを探している魔女がひとり。
「………」
知らないものばかりで目が回ってきた。お目当てのものは見つかるのだろうか……。
(ENo. 18) 2020-06-11 14:14:44
一瞥をくれられたこともいざ知らず、いざ知れず。
スライムは、どんどん人の流れに流されてゆく……

「魚、魚…… 魚どこ……」
(ENo. 123) 2020-06-11 13:49:38
コダチ
「この辺りも、けっこうひとがいますね。
 ……あの透明な方は、広場で見たことがあるな……」
(ENo. 10) 2020-06-11 13:18:14
――もちろんここには魚の屋台もあるはずだが…… 彼は神のいたずらによってか、はたまた単純に運が悪いのか。
絶妙に人の流れに流されて、魚の屋台を見つけることができずにいた。
表情が、とても不服そうだ。
(ENo. 123) 2020-06-11 13:09:38
ストレイ・キャット
「~♪」
屋台の食べ物を片っ端から買っては食べ歩いている。
(ENo. 59) 2020-06-11 12:52:39
間違えて笑顔だけ送信してしまった。
(ENo. 59) 2020-06-11 12:51:04
ストレイ・キャット
(ENo. 59) 2020-06-11 12:50:25
 路地から出てきた少年が、時折ため息をつきながら、屋台に並ぶ食べ物を選ぶでもなく眺めている。
 どこか上の空だ。
(ENo. 10) 2020-06-11 11:44:19
酸塊
「屋台と言やァ~……やっぱコレだね。〔焼きたてのベビーカステラを口に放る。おいしいね〕」
(ENo. 12) 2020-06-11 10:29:59
ローザ
「何か罪な匂いがすると思ったら…こんなにたくさんの誘惑的なお店が…!!ううっ夜に近くを通るんじゃありませんでした!一つください!
(フライドポテトをお買い上げして美味しく食べる)」
(ENo. 94) 2020-06-10 23:00:14
ひよこ
「おいしいものいっぱい」「食べに来た」「拾い食いしていい?」「いいよ」「だめだよ」
(ENo. 132) 2020-06-10 22:31:06