コミュニティ:

カフェ ガーネット・ローズ

中央広場に隣接するカフェ。
トークメッセージ
◇ログインしていません
ログインするとこの箇所からメッセージを発言できます
デコ
「と……とっても微みょ、ンンン。美味でございましてよ。おほほほ……」
ひきつった笑顔で誤魔化した。」
(ENo. 227) 2020-07-18 17:27:57
デコ
「 テラス席に座り、エスプレッソを見て「こんなに少ないのか……」という顔をしながらまずは一口。    「………………!?」  危うくカップを落としそうになるものの、何とか耐える。」
(ENo. 227) 2020-07-18 13:59:55
デコ
「「淑女たるもの、珈琲を優雅に飲めなくてはなりませんわ。というわけで格好いいお名前のエスプレッソを一つお願いできまして?…………え、ええ。そうね、もちろんダブルでよろしくてよ」  カウンター越しに背伸びをしながら注文する少女が一人。注文したエスプレッソを待ちながらガラスケースを覗いている。」
(ENo. 227) 2020-07-18 09:05:42
〔おひるちょい〕
〔まあまあ暑くて食欲はないものの、とりあえずシーザーサラダをつんつん。〕
(ENo. 12) 2020-07-09 12:45:59
ホルハ(ENo.96)
「うん。…まあ、ここにいるなら何もなくても、きっとまた会うだろうし。その時まで、またね」
(ENo. 96) 2020-07-08 10:20:08
マズル
「ホルハさんッスね~!
今日のところは帰るんで、また会う機会があったらよろしくッスよ~~~![>96]」
(ENo. 106) 2020-07-07 23:15:32
「古地図の船ね、オーケー!しりょー的価値はないって聞いたけどー、でもそう考えると面白そうだな。宝の地図ならそれ自体高く売れそーだし!」

そうして軽くテーブルに身をのりだすと、悪戯っぽく少しばかり声をひそめて。
「じゃーさ、オレもしばらくこの辺りにいるつもりだし、面白いもんがあったらシノに教えようか。代わりに面白そーな情報とか物とかは、トレードで欲しいとこだけど!」(>>79)
(ENo. 58) 2020-07-05 12:33:43
「そうそう、挙動不審だと何もしてなくても変にみえるし!世の中をイイ感じに過ごすコツは、何があっても何をしても堂々としてること!」
飄々と言って、遅れてきたハンバーガーを一口。
「うれしー事言うじゃん?あんま言われないんだよなー!ま、オレもこれがいかしてるって思うからこの恰好!」
自信満々といった様子で、いくつも指輪を付けた手を見せびらかすように軽く振って見せた。(>>79)
(ENo. 58) 2020-07-05 12:30:33
ホルハ(ENo.96)
「……あっそ。まあ、うん、…ありがと。別に大したこと、してないけど。マズルね、おれはホルハ」
(ENo. 96) 2020-07-04 20:43:39
マズル
「ん~じゃあ、おいらも読めそうな本から手を出してみるッスかねぇ。ありがとう、参考になったッス!
せっかくだからお名前聞いてもいいッスか? おいらはマズルっていう者ッス。[>96]」
(ENo. 106) 2020-07-04 20:10:07
マズル
「必要なことをちゃんと自分で学べるのは偉いと思うッスよ~?[>96]」
(ENo. 106) 2020-07-04 20:09:52
「……良いのですか? ではお言葉に甘えて……」
実はちょっと気になってました、と言いながら手を伸ばす。手で取っていいのだろうかとちょっとした躊躇を見せつつも、最終的にはそっと一つ頂戴した。
「僕は植物園か、あるいは古地図の船が気になっていましたね……。
 メーティーがまだ決まっていないのでしたら、古地図の船なんて如何ですか? もしかしたらまだ見ぬ世界の地図が発掘できるかもしれませんよ」
あるいは宝の地図とかね、と付け足して。つられるように船のやってくる方角へ目を向けた。
「ふふっ、その様子からして、僕がどういう返事をするか何となく察してるんじゃないですか?」
できたら探求しきりたいなぁ、なんて。あなたの調子に合わせて告げて見せただろう。>58
(ENo. 79) 2020-07-03 15:20:48
「っはは、どっちでも一緒。それなら良かったです。
 折角メーティーにそう言って頂けた事ですし、どーんと構える事にしてみましょうか」
K気にした様子はなく、どこかすっきりした様子で微笑んで。続く言葉に緩く首を振って見せる。
「貴方が謝る事じゃないですよ。それに……、
 メーティーの場合は浮いていると言うよりも、目を惹く。じゃ、ないですかね」
勿論良い意味で、と付け足して。悪戯気を含み笑んでみせた。>58
(ENo. 79) 2020-07-03 15:11:19
ホルハ(ENo.96)
「えら……ひ、必要だからやってるだけで……、…小説とか、そういうのでも、いいんじゃないの。おれは読んだこと、ないけど……」
(ENo. 96) 2020-07-03 05:12:57
マズル
「ちゃんと勉強してて偉いッスねぇ。魔法の本となると、おいらの趣味にするにはちょっと厳しいッスけど……。」
(ENo. 106) 2020-07-03 02:35:53
ホルハ(ENo.96)
「……まあ、うん、そんなところ。魔法を使うのに必要な知識を、本で学んでる」
(ENo. 96) 2020-07-02 05:31:34
マズル
「なるほど読書! 見た感じ魔法使いさんっぽいし、魔導書的なのを読んだりするんスかね?」
(ENo. 106) 2020-07-01 23:01:35
ホルハ(ENo.96)
「趣味………(沈黙があって)……読書?」
(ENo. 96) 2020-07-01 06:13:10
マズル
「新しいこと……パッとは思いつかないッスねぇ。参考までに、キミは何か趣味とかあるッスか?」
(ENo. 106) 2020-06-30 23:46:22
ホルハ(ENo.96)
「……まあ、それもそうかも…なにか新しいこと、始めてみるとか?手頃なのがあるか、知らないけど」
(ENo. 96) 2020-06-30 23:01:57