コミュニティ:

BAR ノッティールカ:カウンター席

-------------------------------------------------------

路地を曲がり曲がって、賑やかな酒場をいくつか素通りすれば。
ほのかに燐光する看板が見えてくる。

“ノッティールカ”。
窓から見える店内は、青い光で照らされ海中を思わせる。
静かな雰囲気のバーだ。

──チリン、

あなたがドアを開けると、澄んだ音と、寡黙なマスターの「いらっしゃいませ」が出迎えるだろう。

カウンター席では長髪の男が一人、グラスを傾けていて。
隣は空いている。
男の時間も、また。

-------------------------------------------------------

(PLより)

ENo.42 スーイル と会話するためのコミュです。

1対1交流限定、置きレス進行。
他の訪問者さんがあった場合は“別の時間軸のできごと”として扱います。
メタ発言・PL発言はご遠慮ください。

暇な時にソロールしてたりもしますが突撃歓迎です。
説明文はあくまでフレーバーなので入りの描写はご自由に。

早めの時間ならば未成年者も入店できるという設定です。
未成年者向けのノンアルコールドリンクも豊富。

マスター:寡黙おじさん。軽食も出すよ。

-------------------------------------------------------
トークメッセージ
「ありがとう、それじゃ付き合ってちょうだい。
ちゃんとエスコートするから安心して。
それじゃあこれ飲んじゃうわ、少し待っていてね。」
「…………あら?」

(ブラッディ・メアリーに口をつけ、気がつく。
──酒の風味が薄い?
店主の顔を見れば、目をそらされて。男はおかしそうに破顔した)
「ふふ…もう今夜は随分飲んだものね。
それとも、私が彼女を送るって言いだすことがわかってたのかしら?」

(ぐいと一気に呷る。意図して軽く作られたカクテルはあっという間に飲み干され、空のグラスが置かれた。
男は財布を取り出し、二人分の代金に相当する額を店主に渡した)
「ごちそうさま、また来るわ。
──メアリー、お待たせ。行きましょうか。」
(ENo. 42) 2020-08-13 07:31:59
「まあ、それは素敵なお誘いだわ!
 貴方と一緒なら、夜は一層素晴らしい景色になるに違いないもの。
 もちろんOKよ、エスコートしてくださるかしら?」
(ENo. 198) 2020-08-11 01:34:28
「あら、これは失礼。 素で話しこんでいたらつい自分が子供なことを忘れていたわ
 無理を言ってしまってごめんなさい。
 マスターの判断は当然のことだわ、お気になさらないでね」
(ENo. 198) 2020-08-11 01:33:52
「ああメアリー、マスターに気を遣わなくていいのよ。
このひと商売っ気が全然ないんだから。」

(ね?と男がからかうように笑いかければ、素直に頷く店主)
「だけどそうね、もうこんな時間……
そうだわ。私が送っていくから、夜のお散歩しない?
ほんとうに素敵な出会いだもの。
もう時間切れでお別れなんて、寂しいわ。」
(ENo. 42) 2020-08-10 00:22:06
(注文を聞いた店主は、眉を下げて)

「申し訳ありませんが……お客様は、お若いので」
(二人の会話は店主にも聞こえていただろうが、彼女の境遇はどうあれ外見上は少女だ。
店としてはアルコールを提供するわけにいかないのだろう。
さらに、店主の視線はすまなそうに壁の時計に移る。
──酒場としては宵の口だと言えるが、少女が居るには少々遅いか。そんな時刻。)

(ENo. 42) 2020-08-10 00:20:49
「気にしないでいいわ、長く生きていれば別れもあるけど、その分出会いもあるもの。
 今日も素敵な出会いにめぐりあえたしね」
(ENo. 198) 2020-08-09 18:01:49
「地元では珍しくない名前だったから、メアリーはいっぱいいたけど"血まみれ"っていう所まで一致するのは恐らく私ぐらいね!
 あら、ありがとう! でもこれは彼女の瞳の色なの、本来の私は青い目よ。
 完全に忘れてしまわないように借りているの」
(ENo. 198) 2020-08-09 18:01:19
「そうね、さすがにトマトジュース1杯で居座るのはもうしわけないわ
 マスター、ビトゥイーン・ザ・シーツをお願いできるかしら」
(ENo. 198) 2020-08-09 18:00:44
「──そう……そうだったの。
つらいこと聞いてしまってごめんなさい。
ありがとう。大切なひとのこと、話してくれて……」
(目を伏せて、少しの間言葉を閉ざして哀悼を示し)
「──え、このカクテル?知らなかったわ!
いいわね、自分の名前がついたカクテルって…なんだか詩的よ。
あなたの瞳の色にも、よく似てる。
もちろんあなたのほうがずっと綺麗だけどね。」
(そう笑みつつ彼女を見れば、そちらのグラスもそろそろ空になりそうだ)
「メアリー、もう一杯なにか飲む?」
(ENo. 42) 2020-08-08 20:39:53
「あら、ブラッディ・メアリーね。
 私と同じ名前のカクテル、自分で言うのもなんだけど結構好きよ。
 タバスコをちょっと入れると刺激的になって美味しいの」
(ENo. 198) 2020-08-04 01:59:48
「愛というよりは恋かしら……お互いに幼かったから。
 愛なんて感情を知る余裕もないまま、二人で生きるのに必死だったのね。
 残念ながらだいぶ昔に彼女は旅立ってしまったわ、永遠の時間があっても辿り着けない場所にね」
(ENo. 198) 2020-08-04 01:59:14
(そう声をかけられた店主は頷き。
あっという間にトマトジュースと蒸留酒でカクテルを作ってしまうと、男の前に置いた。

──このカクテルは、どこかの世界ではブラッディ・メアリーと呼ばれている。
その事実を知らないのか、あえて言う必要はないと思っているのか、店主はもとどおり自分の手元へ視線を戻した。
グラスを受け取った男はただ、「あるのねえ」なんて感心しながら、その赤色を眺めている)
(ENo. 42) 2020-07-31 16:35:43
「ああ、お酒が進んじゃった。
マスター。そうね…トマトジュースで作るカクテルなんてあったらお願いできる?」

(ENo. 42) 2020-07-31 16:35:06
「まあ…!ありきたりなんてとんでもないわ!素敵じゃない。愛がきっかけで今のあなたがあるのね。
その相手とはその後どう──って、野暮な質問?……でも気になっちゃう。」

(どこかうっとりと溜息をついて、グラスを口元へ運び…
いつの間にかすっかり空になっていたことに気がついて)

(ENo. 42) 2020-07-31 16:34:33
「あら、私のことなんてありきたりな話よ、聞いて面白いものじゃないと思うわ。
 掻い摘んで言えば、好きになった相手が人間じゃなかっただけ……
 ね、ありきたりでしょう?」
(ENo. 198) 2020-07-26 10:32:15
「そうね、その通りだと思うわ!
 じゃあ後500年ぐらいはお姉さんで通そうかしら……老け込むにはまだ早すぎるものね」
(ENo. 198) 2020-07-26 10:31:47
「──仮初の不死……あなたは“死にぞこなった”って言ってたわね?
どうしてあなたが不死の存在になったのか、聞いてもいい?
もちろん、言いたくなければいいのよ。」
(ENo. 42) 2020-07-22 18:49:18
「ふふっ…
今はお婆ちゃんより、お姉さんのほうがいいかもしれないわね。
お婆ちゃんと呼ばれてもいいって、そう思えるようになった時にお婆ちゃんになればいい。誰しも、自分が何者でいたいのか、選ぶ権利がある。……」

(微笑んで。間を置くと、声を少し落とす)

(ENo. 42) 2020-07-22 18:48:33
「人類みな恋人、それはとっても素敵な言葉ね!
 私は恋人だと近すぎて火傷してしまうから、人類のお婆ちゃんを目指そうかしら……
 実際にお婆ちゃんなんて呼ばれたらショックで1世紀は寝込みそうだけど」
(ENo. 198) 2020-07-19 01:47:04
「わかるわ、私も人が大好きよ。
 今を生きてる人の一瞬の輝きが紡がれて文化になるの、それは永遠の命なんて比較にならないほどの永遠の軌跡だと思うわ。
 それをずっと見ていられるのだから、仮初の不死も捨てたものじゃないと思えるわね」
(ENo. 198) 2020-07-19 01:46:29
(深く頷いて、嬉しそうに)

「役所の仕事も、趣味の旅行も、そういうことに触れていたくてやってるの。
 基本的に人が好きなのよね……
 人類みな恋人、って言えるかもしれないわ。ふふ。」
(ENo. 42) 2020-07-14 10:54:37
「様、だなんて大袈裟ね。
 でもありがとう。素敵な仕事だと私も思ってる。
 ──人が文化を繋ぐって、いい言葉……私も同感よ。
そこに生きていた人、今生きている人たちの人生が交わって、素晴らしい文化になって花開くんだわ。」

(ENo. 42) 2020-07-14 10:53:57
「あらありがとう、私はこんな体だからね……お付き合いするとなったらちょっと特殊な嗜好を持った方じゃないと難しいわ」
 少し自嘲気味におどけた笑顔を浮かべる。

 でもそうね、人との出会いには恵まれているわ。 行く先々で必ず素敵な人と出会えるもの、もちろんスーイル、貴方もその1人よ。
 素敵な土地もたくさん見てきたけど、やっぱりそこで出会う人が大事ね。 人が文化を繋いできたから、そこが素晴らしい場所になると思うの」
(ENo. 198) 2020-07-10 05:53:23
「お役人様だったのね、驚いたわ…… それは素敵なお仕事だけど、確かにお洒落には厳しそうね。
 でもスーツ姿は絶対に似合うでしょうね! 是非1度見てみたいわ!」
(ENo. 198) 2020-07-10 05:52:49
(100年と聞けば意外そうに一瞬目を丸くして。
 タイミングを合わせ、自分もカクテルに口をつけつつ)

「そうなの?あなたみたいな魅力的なレディがね…
 でも羨ましいわ。きっと素敵な土地や人も、たくさん見てきたんでしょう?」
(ENo. 42) 2020-07-08 11:24:48
「役所でね。案内係みたいなことしてるの。
 それで、規則があるからスーツ着てて。
 ふふ…たしかに似合うわよ?我ながら。
 けど、もうちょっと親しみやすそうな服装もできたらなって思うのよ…」

(ENo. 42) 2020-07-08 11:23:49
「お堅い仕事……制服とかあるのかしら。 貴方って背も高いし、そういうパリッとした服も似合いそうね!
 でもやっぱり、そこまで磨き上げた美しさを見せられないのは勿体ないと思うわ。
 まあ私も、見せる相手なんてここ100年ぐらいご無沙汰だけど」

特に自嘲的な様子はなく、冗談めかした笑顔のままトマトジュースのグラスをちびちびと飲み進める。
(ENo. 198) 2020-07-08 01:27:55
訂正 ×恋人がいないことは ○そういった諸々の状況は
(ENo. 42) 2020-07-06 19:00:47
「でも、お堅い職場だから…
 普段はほとんど肌を見せてないし、髪も地味にまとめてる。
 それで、私の美しさは隠されてるってわけ。
 褒めてくれるような恋人もいないし……。」

(ああ、と芝居がかったため息をついてみせる。恋人がいないことは、さほど嘆いていない様子で)
(ENo. 42) 2020-07-06 18:57:07
「お互いさま、ね。」

(屈託ない笑顔に誘われたのか、男もまた満面に笑みを浮かべ。それから、少々気恥ずかしいのか首筋の辺りを手で撫でた)

「ええ、外見には気を遣ってるの。自分を労わって愛するって、とっても大事なことだと思うもの。」

(ENo. 42) 2020-07-06 18:56:06
「あら、初めてだなんてとても信じられないわ、まわりの人たちは見る目がないのね。
 下地の良さだけじゃこうはならないわ、美しくあろうと磨かれた輝きよ」
(ENo. 198) 2020-07-05 01:28:59
「まあ……嬉しいわ、貴方は本当に素敵な人なのね。
 ええ、ええ! 性別や種族なんて大した問題じゃないの、大切なのは"貴方"という存在そのものなのだから
 私を"私"として見てくれてありがとう」

外見の年齢にふさわしいような屈託のない笑みを浮かべる
(ENo. 198) 2020-07-05 01:28:06
「でも、そう……ふふ。首筋が綺麗だなんて、ドキッとしちゃう。
 初めて言われたわ。」
(ENo. 42) 2020-07-04 06:56:08
「私にとってそれは、メアリーという存在を形作る、ひとつの要素にすぎないわ。
 あなたがどんな生き物でも。
 ちょっと驚いたけど、あなたへの見方が変わったりはしない。」

「“女のように話す男”を、あなたが色眼鏡で見たりしないのと同じようにね。」

(ENo. 42) 2020-07-04 06:55:15
「……なるほど。私の予想とは少し違ったみたい。だけど…」

(化け物。善良な人でなし。そう言う口元にちらつく犬歯。それを男は、すこし見開いた目で確かにみとめつつ。ゆっくりと言葉を続けた)

(ENo. 42) 2020-07-04 06:53:55
「安心して、私は確かに化け物かもしれないけど安全で善良な人デナシよ
 いくら貴方の首筋が綺麗でも、いきなり噛みついたりしないわ」

悪戯っぽく笑いながら、上唇を指で少し持ち上げて見せる。
肉食動物を思わせる鋭利な犬歯が姿をのぞかせて"人間ではない"証を立てていた。
(ENo. 198) 2020-07-02 22:35:18
「あら…貴方ってば勘が良いのね」
見つめ返す瞳に少し驚愕の色が浮かぶ。

「"人間じゃない"という点で言えばそうね、妖魔のようなものだと思うわ。
 私はずっと昔に"死にぞこなった"の、でもそれまではちゃんと人間だったのよ?」
(ENo. 198) 2020-07-02 22:34:33
(少しの間そうして見つめていたが、やがてなにか思いついたようで)

「──メアリー、あなた、もしかして“妖魔”さん?」

(ひそめた声で問い、少女の返答を待つ。その表情にはなにやら、期待に似た色がかすかに浮かんでいる)
(ENo. 42) 2020-06-30 19:46:56
(年齢について言う口ぶりにきょとんとした。
 ──“はっきりと覚えていない遠い昔”
 現在の年齢を問われて返すには、少しずれのある言葉だ)

(冗談めいて笑む少女の、一瞬遠くを見たような眼差し…感じる違和感。その答えを探ろうとでも言うように、男は少女の紅の瞳をじいと見つめる。その様子は、魅入られているようにも見えたかもしれない)

(ENo. 42) 2020-06-30 19:45:54
「ふふっ。本当に、うれしいこと言ってくれるわね。」

 (素敵な絆、その言葉に心底嬉しそうに頷く)

「14歳。そう……、?」

(ENo. 42) 2020-06-30 19:45:11
「そう…とっても大人で上品な方だったのね、私から見たら貴方もそんな感じよ。
きっと、その方の気品や心が受け継がれているのね、素敵な絆を感じるわ…ええ、とっても素晴らしい」
満足げな微笑を浮かべ、想い出の邪魔にならないよう、グラスを傾けるタイミングを合わせる。

「私の年齢? そうね、いくつだったかしら…13か14くらい? はっきりとはおぼえていないわ、遠い昔のことだもの。
というわけで約14歳ね!」
一瞬だけグラスに遠い目を向け、すぐに冗談めかした笑みを浮かべる。
(ENo. 198) 2020-06-29 00:33:13
「──んもう、あなたにマダムなんて!
 いくらお姉さんでも、そこまで年上には見えないわ。
 レディに失礼だけど、今いくつか訊いてもいいかしら?」
(ENo. 42) 2020-06-28 07:53:01
「ええ。とっても素敵な人……。幼馴染のお母さんなんだけどね。
 私のことも息子同然に扱ってくれて。いつも上品で、だけど強くて、正しくて。まさに真のレディって感じだったわ。……」

(グラスを口に運ぶ少しの間、懐かしむように目を伏せ)

(ENo. 42) 2020-06-28 07:52:26
「エレガント?ありがとう!
 あ、でも、彼女がこういう格好してたわけじゃないわよ?
 この姿を見せたら、『ちょっと派手ね』って言われてたかも…うふふ。」

(ENo. 42) 2020-06-28 07:51:39
「嬉しいわ、真のレディからレディと認められるのは名誉なことだもの! マダムって言われたらちょっと落ち込んでいた所ね」
一瞬、冗談めかした笑みを浮かべて穏やかに微笑みを向け直す。

「ねえ、よろしかったらその『憧れの人』の話を聞かせてくださらない?」
(ENo. 198) 2020-06-27 14:30:22
「それなら良かった、私ったら思ったことをすぐ口に出してしまうものだから…」
安堵した様子でドリンクで少し喉を潤して姿勢を正す。

「そこまで想うほどの人がいたのね…それはとても素晴らしいことだわ。
きっと素敵な人だったのね、今の貴方を見ればわかるわ、お化粧も着こなしもエレガントだもの!」
(ENo. 198) 2020-06-27 14:29:49
「そういう人間になりたくて…。憧れの女性を真似しているうちに、今の私になったの。
 まあ、お化粧や服なんかはもう趣味だけど。」
  (あは、と笑って。あらためて相手を見つめる。
   しっかりしている、大人っぽい……それは“少女”としての彼女に向け言ったものだったが、
   もっとふさわしい言葉があるじゃないかと一人頷いて)
「あなたも立派なレディね。」
(ENo. 42) 2020-06-26 11:39:12
「あら! 私、やんちゃだったのよ?ふふっ。」
  (ばつの悪そうな眼差しを、穏やかに見つめ返した)
「ありがとう。私は男だけれど、レディと言われるのはとっても嬉しい。
 気品がある人ってことだものね。」

(ENo. 42) 2020-06-26 11:37:38
乾杯を交わし、軽くグラスに口をつけて喉を潤す。

「ありがとう、よく言われるわ! こう見えて結構お姉さんなのよ」
冗談めかして微笑みながら視線を返す。

「貴方の鼻水なんて想像できないわ、洗練されたレディって感じだもの ……レディで良かったかしら? 失礼だったらごめんなさい」
一瞬だけ、立派な胸板に視線を落として相手の性別を把握し、少しバツが悪そうに視線を上げる。
(ENo. 198) 2020-06-25 22:46:23
スーイル
「「ええ、感謝を。こちらこそよろしく。」
 (カクテルの入ったグラスを掲げ、少女のグラスに軽くぶつける。小気味好い音。
  一口飲んで息をつくと、不躾な視線にならないよう気を払いつつそっと少女を観察し)
「──あなた、すごくしっかりしてるわよね。ふふ…私があなたくらいの歳の頃には、まだ鼻水垂らして走り回ってた。
 大人っぽいって、ひとに言われない?」」
(ENo. 42) 2020-06-24 20:48:02
「まあ、では観光仲間ね! 素敵だわ。
私はメアリー、よろしくねスーイル、是非仲良くしましょう!」

マスターから受け取ったグラスをそっと掲げながら微笑みつつ
「この出会いに感謝を」
(ENo. 198) 2020-06-23 01:05:40
(マスターはこくりと頷いて用意し始める。
 無塩タイプのトマトジュース、ふちには輪切りのレモンを添えて。
 ほどなく、少女の前にグラスが置かれた)
(ENo. 42) 2020-06-20 14:04:13
「奇遇ね、私もそうなのよ。長めの休暇が取れたもんで、ゆっくり滞在しようと思ってるの。
 だけどまだ知り合いも少なくって…声をかけてくれて嬉しいわ。
 私はスーイル。あなたは?」

(ENo. 42) 2020-06-20 14:03:44
メアリー
「マスター、私にもドリンクを
安心して、お酒を出せなんて我儘は言わないわ
トマトジュースをくださる?」
(ENo. 198) 2020-06-18 20:58:27
「ありがとう、嬉しいわ!
せっかく飲むなら1人より2人のほうが楽しいもの」
流れるような所作で隣の席に座り、微笑みを返す。

「こんばんわ、本当に素敵な夜ね
ええ、しばらくこの街に逗留しようと思っているの。
貴方も観光で?」
(ENo. 198) 2020-06-18 20:57:33
(少女に視線を戻すと、柔和に笑んだ)

「こんばんは、お嬢さん。いい夜ね。あなたも観光?」
(ENo. 42) 2020-06-18 14:30:38
(グラスに見入っていた男は、掛けられた声にはっとして顔を上げる)
「ええ、どうぞ。……あら?」
(まだあどけなく見える少女の姿に少し驚きマスターを見遣るが、
 平然としている彼の様子から“未成年入店可”なのだと察して)
(ENo. 42) 2020-06-18 14:30:07
「雰囲気の良いお店ね、今日はここに決めるわ」
ドアを静かに開けて、およそバーには似つかわしくない年齢に見える少女が入店してきた。
ひとしきり店内を見回すと、先客のいるカウンター席に向かう。
「隣に座っても良いかしら?」
(ENo. 198) 2020-06-17 22:23:04
「……。」
(手元のグラスに視線を落としたまま、それを揺らしている。
 氷がちかちかと光を反射するのを楽しんでいるのだ)
「きれいねえ…。」
(そんなひとり言にちらと視線をよこすだけの店主を不満がるでもなく、
 男は楽し気にグラスを見つめ続けている)
(ENo. 42) 2020-06-10 23:19:52