コミュニティ:

茶色い小さなテント

街の喧騒からそこそこ離れた郊外に、ぽつんと建つテント。 所々に生活の痕跡が色濃い。 正確な場所を知っていなければ、辿り着くのは難しそうだ。 ――――――――――――――――――――― 住んでいる人:イシュマエル(ENo.80)・スヴェン(ENo.71) 主にプライベートなロール用のつもりです。
トークメッセージ
◇ログインしていません
ログインするとこの箇所からメッセージを発言できます
スヴェン
「ふふ、いつものお返しだよ。
 君が意外と思慮深いってことは知ってるから安心してよ。だけど、丁度髪を切ったあたりからは突然怒ることも少なくなったね……。
 そういえば、君は何を『求めた』の?聞いてもいい?」
(ENo. 71) 2020-07-17 02:33:25
イシュマエル
「お前に抱えられるのは妙な心地がするだろうな……。
 私を爆弾か何かだと思っていないか。ああ、まあ、ろくな力だと思わないが、無いよりマシな生活をしていることには私も同意できる。喩え今後この徴が原因で広場に吊るしあげられたとしてもその意見は翻らないだろう。」
(ENo. 80) 2020-07-16 14:53:16
スヴェン
「ということは、抱っこだね……?まかせて。
あっ、誘発しちゃった。ともかく何が誰のお眼鏡に適ったのかすらわからないけど、僕達は少なくとも求めた『と認められた』……んだろうね。僕個人の話をするなら、こうなる前とは比べ物にならない良い生活を送っていることだし。」
(ENo. 71) 2020-07-12 21:01:19
イシュマエル
「世話とは言っても、中身は20代の男だぞ。いやしかし、私は10代半ばまで背も低くひ弱だったな。物理的に困ることはあるかもしれない。
 …………ああ、成程。そういう考えかたをしたことは無かったが、その理屈で考えると急に腹が立ってくるな……。」
(ENo. 80) 2020-07-12 17:56:37
スヴェン
「うん。喜んで?褒めてるから。次もしまた君の体が小さくなることがあったら、ちゃんとお世話してみたいなあ……
 穿った見方をするなら、『求めるならば与えられる』は、『与えられないならば、それは求めていない』ってことでもある。個人の意志の問題に帰属させる、便利な理屈だよね」
(ENo. 71) 2020-07-12 01:30:02
イシュマエル
「それは……喜んでいいのか?
 界隈に伝わるアレについては、実態などない広告のようなものではないか。
 だが強くなれば思い通りに生きられるというのは真理だな」
(ENo. 80) 2020-07-09 21:11:34
スヴェン
「確かに貧弱かもしれないけど、可愛かったよ。撫でたい感じ……」
しみじみとした顔。
「求めよ、さらば……っていうのも、随分概念的な話だものなあ」
(ENo. 71) 2020-07-01 22:04:56
イシュマエル
「かわい……?貧弱なだけだろう。
 確かにお前の集中力と細やかさは人間離れしている。となると得意分野が伸びるものなのか、或いは当人の重視する素質が伸びるのか。
 ここまで活用していておかしな話だが、未だ知らないことが多いな」
(ENo. 80) 2020-07-01 08:53:34
こっち、と言ったときに指を1本ずつ順番にひらいたりとじたりした。
(ENo. 71) 2020-06-30 23:42:13
スヴェン
「成長したんだなあ。小さい時の君はむかし見たけど、あんなにかわいい子がこんなに大きくて丈夫になるとは……
 僕にはほら、こっちがあるから?多少打たれ強くはなってる気がするけど、あくまで常人の範囲内に収まってるって感じだね。」
(ENo. 71) 2020-06-30 23:41:35
イシュマエル
「確かにそうだな。あの頃も烙印の影響で随分体が強くなったと思っていたが、肉体的にも魔術的にも比ではないほど頑丈になった。
 ……お前も魔女としては私と同等の筈だが……何故その魔力が腕力や耐久力にのりきらないのだろう。いや、出会った頃と比較すれば打たれ強くはなっているか……?」
(ENo. 80) 2020-06-29 21:06:33
スヴェン
「髪を切ってからは随分年相応に見えるようになったと思うけど……も、もののたとえだからね……?
 その頃と比べたら、君の体力も随分育ってるだろうからね。楽にできるとさらに違うかもしれないよ」
(ENo. 71) 2020-06-28 02:49:36
イシュマエル
「お前はともかく私は若者にみえるような顔か……?
 自分たちの食う野菜を作らされた覚えがある……が、正直なところ面倒な肉体労働以上の感想は抱かなかったな。個人的に育てる分にはまた印象が変わるかもしれない」
(ENo. 80) 2020-06-28 01:10:30
スヴェン
「やんちゃな若者が子犬を拾ってるぐらいのギャップはあるだろうね。
 へえ、修道院ってそんなこともやるんだ。そういえば積極的に労働させてる会派があるって聞いたような気もするなあ」
(ENo. 71) 2020-06-27 22:30:20
イシュマエル
「確かに草花を育てる趣味があるようには見えないだろうな。
 実際土をいじった経験など殆どない訳だが。修道院の頃以来か……。」
(ENo. 80) 2020-06-27 08:50:31
スヴェン
「あはは、どうしてだろうね。
 そんなお店……そういえばあったっけ。一緒に行く?2人で行っても顔に見合わない趣味の人みたいになりそうだけど」
(ENo. 71) 2020-06-25 22:49:43
イシュマエル
「ないのに夢で見たのか……。
 琳彩楼に買い出しへ行った際、花やら野菜の種を売っている店があったな。あそこで訊いてみるのが良いと思う。肥料の取り扱いもあった筈だ」
(ENo. 80) 2020-06-25 11:54:06
スヴェン
「実はないんだよね、一度も。
……たしかに。お芋買ってきて埋めたら育つかな?2人だからそんなに量はいらないし」
(ENo. 71) 2020-06-24 23:02:33
イシュマエル
「畑。……耕したことがあるのか?
 それを聞いたからという訳だけではないが、折角ここに長期滞在するのなら周辺に何か植えてみても良いかもしれないな。ハーブやイモ類なら、農地でなくとも一先ず食える出来にはなるような気がする」
(ENo. 80) 2020-06-24 21:57:03
スヴェン
「ううん……印象的なものはいくつかね。朝のうちに忘れてしまうことも多いけど。この間はなぜか畑を耕してる夢を見たなあ」
(ENo. 71) 2020-06-24 20:22:23