コミュニティ:

芙蓉咲く仮拠点

街中の建物の一室、義足の軍人が仮に構えた拠点。
部屋は中華雑貨で飾られ、玄関前には芙蓉が咲いている。
書類仕事に追われていたり義足の調整をしていたりしています。
・たまに弟もいます
・兄(高糖度)/弟(塩)、主に兄ですが名指しあれば弟も召喚。
・ソロール有(物により割入可)
<入室歓迎/置きレス気味/シチュ自由>

■嗜好
描写ロル/中〜長文/微不穏可
トークメッセージ
◇ログインしていません
ログインするとこの箇所からメッセージを発言できます
__
(ENo. 22) 2020-06-13 23:15:04
義足の弟
「あんたは親か。抑も何も出来ぬ幼な子ではないんだが?兄馬鹿。馬鹿兄。[塩]」
(ENo. 22) 2020-06-13 23:14:51
義足の軍人
「[仮住まいの相談から帰宅後弟を椅子へと座らせ真剣な眼差し向ける兄]メイ、ちゃんとご挨拶するんだよ。寂しくなったら兄は此処にいるからね。ああそうだ、管理人さん達に迷惑かけちゃだめだよそれから」
(ENo. 22) 2020-06-13 23:13:16
天候の所為義足の付け根が痛む上夢見も悪く遑を得た喜びも何処へやら。
(ENo. 22) 2020-06-13 19:17:48
義足の軍人
「雨天になるとどうも調子が悪い。」
(ENo. 22) 2020-06-13 18:36:51
___
(ENo. 22) 2020-06-12 07:27:55
本日も視察。身形を整え自室を後にする。朝食は摂らずだった。
(ENo. 22) 2020-06-12 07:27:26
それ以前に屍となった(いきている)
(ENo. 22) 2020-06-11 23:11:34
__
(ENo. 22) 2020-06-11 23:00:27
弟から冷たくあしらわれてしまった後は漸く待ち人とも会え、そしてぬいぐるみを数人に置き土産としたし。
それから少し現実逃避に中央広場へ繰り出すも睡魔に弱いのが此の深紅。
今や褥上なのだ。

明日も楽しく残務殲滅戦となるであろう。
(ENo. 22) 2020-06-11 22:59:55
__
(ENo. 22) 2020-06-11 22:30:38
義足の軍人
「_________________________」
(ENo. 22) 2020-06-11 22:16:01
義足の軍人
「えっ!?酷い……もう仕事できない、兄さんやる気のすべてを失った…。[弟の冷徹(?)な一言にぽっきり心の折れた兄。これには流石に手も止まり机に突っ伏してしまった。──此の後己の首を絞める事となった上弟からも再度睥睨を食らった兄であった。]」
(ENo. 22) 2020-06-11 22:15:31
義足の弟
「そうか。」
(ENo. 22) 2020-06-11 22:11:48
義足の軍人
「……これが呑気にしているように見えるかい?何処に居ようがやれ書類やれ偵察視察だの押し付けられているんだけど?というか久し振りに会えたんだしそんなつんけんしなくても良いじゃないか、メイ。[そしてその隣、文机で書類と仲良くしているのが兄。相も変わらずこの様子である。弟の睥睨をじんわり喰らいながらも利き手は器用にペンを走らせている]」
(ENo. 22) 2020-06-11 22:10:07
義足の弟
「急に何処かへ行方を晦ましたと思ったらこんなところでまあ呑気にされていたようだな、兄上様は。[緋色の義足と瓜二つ、藤紫の義足を装用した男はきちりと正しい姿勢で椅子に座し、兄を睥睨している]」
(ENo. 22) 2020-06-11 22:05:47