ENo.38 闇
プロフィール
 黒くて怪しい。  異国情緒。  “漁”のための飛翔舩を繰る船乗りで船主。  漁がないときは遊覧観光の為に舩を出す事もあるが、労働意欲はそんなに無いらしく、舩を出す出さないの判断基準はかなり気分。  陽光が余り好ましくないのか、昼間は殆ど出歩かず、大抵は何処かの日陰で水煙草のようなものを喫んでいる。 【飛翔舩】  なんか浮く。ふわ~。  多分、過去の“漁”で得た品の何かが使われているようだが、仔細は不明。  浅い船体と、三重塔を彷彿とする艦橋部は、どことなく屋形船っぽい。  かつては帆を備え風を動力にしていたが、現在は、空を泳ぐでっかくてふわふわしたカメ型の謎生物が牽引している。 【空を泳ぐでっかくてふわふわしたカメ型の謎生物】  すごいふわふわ。  全身に毛足の長いふわふわの毛が生えた、謎のカメ型生物。  前鰭(前足)が翼状になっており、羽ばたくことで空を泳ぐように飛ぶことができる。羽ばたかなくても浮いてはいる。  かつての昔、ある日の漁で異界の宝舟と共に迷い込んできたところを、舩主に保護された。  拾ったときは両掌に乗る程度だったのが、いつの間にやら全長20mを超すすごいふわふわになっていた。
愛称
日記
日記はありません。
漁への参加
狂気の森の船 の確保に参加しました!
漁実績
更新回 船舶 呼称
1 魔法図書館の船