ENo.5 トトテティア・ミリヴェとクアン・マイサ
プロフィール
【トトテティア・ミリヴェ】 ・22歳/176cm/201kg ・まんまるふとっちょ雌狐。 ・巨乳。 ・露出が多い。 ・好奇心旺盛で元気いっぱいだがおつむはよくない。のんきで図太い。 ・常軌を逸した大食らい。 ・お腹フェチ。 ・風を操る魔法使い。 ・得意技は風船のように身体を膨らますこと。 ・めたくそ素早く、そしてパワフル。嗅覚も鋭く、特に食べ物の匂いは絶対に逃さない。 ・髪に風珠(かぜたま)というヒモつきの飾りをつけていて、これが風の流れを教えてくれるらしい。 ・クアンとラブラブ。 【クアン・マイサ】 ・23歳/全長7.2m/210kg ・下半身がヘビの女。 ・貧乳。 ・露出が少ない。 ・おとなしくて聡明。繊細でストレスをためてしまいがち。 ・食が細く、骨がうっすら浮くくらいには痩せている。 ・柔らかいものが好き。 ・水を操る魔法使い。 ・治癒ができる他、冷気系の魔法も使える。 ・運動は不得意で、身体もあまり丈夫な方ではない。 ・手にしたふしぎな浮き輪の中で使い魔のスライムを飼っている。 ・トトテティアとラブラブ。 【魔族の世界『アル=ゼヴィン』】 ・トトテティアとクアンの故郷であり、魔族しか住んでいない世界。 ・たくさんの《島》が大地に突き刺さっており、中には旧文明のお宝が眠っている。これら《島》は大昔には空に浮いていた。 ・かつては人間もいたが、はるか昔に魔族との戦争に負けて滅びてしまった。 ・その後魔族同士でも戦争し、その中で《島》は大地に落下した。魔族も滅亡しかけたがなんとか持ち直して今に至る。
愛称
《魔族の女コンビ》(Eno. 5)
日記
【『琳彩楼』滞在記32日目-クアンの日記】  あああなんてこった。  『船』の確保に失敗した。  テティのパンツ……じゃないや、スパッツが。 【『琳彩楼』滞在記32日目-トトテティアの日記】  たいへーん、スパッツ直せなくなっちゃった!  クアンは『船』から材料をうばってくるつもりだったけど、負けちゃったの。  どうしよー。 【『琳彩楼』滞在記33日目-クアンの日記】  なんか私たち、近いうちに元の世界に帰れるっぽい。    仕事に出かけていったら、輪郭のないシャボン玉みたいなのがたくさん浮いていた。それらの中にはいろいろな場所の光景が映っている。  上司に聞いたら、違う世界とのつなぎ目なのだという。時々ああしてまとまって現れることがあるのだそうだ。  アル=ゼヴィンと思しき光景を映すものも見つけたので、その中に飛び込めば帰れるだろう。  また、つなぎ目はしばらく残るらしく、今すぐ飛び込まなくてもいいそうだ。  とりあえず店売りのものでテティのスパッツを直しておこう。  もうすぐ帰れるんなら一時しのぎでも問題ない。 【『琳彩楼』滞在記33日目-トトテティアの日記】  なんかもうすぐアル=ゼヴィンに帰れるんだってー。  ここも楽しかったけど、帰れるときに帰んなきゃだよね。  クアンがとりあえずスパッツを直してくれた。  しばらくご飯は減らすように言われちゃった。しょーがないか…… 【『琳彩楼』滞在記36日目-クアンの日記】  テティのスパッツの修繕はことのほか上手くいき、今のところ問題はない。  なので最後にもう一隻『船』を攻略してから帰ることにした。負けたまんま帰るのもなんだし。  此度の狙いは『花魁の船』。女性が接待してくれる……ってだけならアル=ゼヴィンの都市に行けばいくらでも見つかるが、この『船』はアル=ゼヴィンとは全く違った文化のもとにできているのだそうだ。  なんだか面白そうなので、観に行ってみる。  『夢宝』をアル=ゼヴィンに持ち帰るわけにはいかないだろうが、思い出にはなろう。 【『琳彩楼』滞在記36日目-トトテティアの日記】  最後の『船』は『花魁の船』てのにしましたー。  キモノっていうのがあるらしい。帯で巻いて着るんだって……  それじゃああたしは着れないなあ。なんせ、気がつくとお腹が倍くらいに膨れ上がってたりするし…… アレ? 【『琳彩楼』滞在記45日目-クアンの日記】  『船』の捕獲まであと二週間ほどと相成った。  ここ最近は平和で、書くこともなくなってきてる。ちょっと私らの背景事情についてまとめてみることにした。  私達の世界アル=ゼヴィンでは、最近『白い光』と呼ばれるものが観測されている。  見た目としては名前通りのもの。出現場所は、『島』……アル=ゼヴィンの各地にある人類の遺跡が中心。そして、光に巻き込まれた者は異世界に送り込まれてしまう。  そんな『白い光』の被害者第一号……と二号になったのが、私とテティ。忘れもしない『第二十八の島』の探索中のことだ。  あの時私達はそれぞれ別の世界に飛ばされた。テティは特に変わりなく冒険をし、私は……ちょっと王様をやって、最後は無事に帰還した。  続いて、『サッコ・ベノ』という『死茸族(しだけぞく)』の少年が……今の私達と同様、二回に渡って『白い光』に飲み込まれた。初回はともかく、二度目はかなり苦しい思いをさせられたらしい。帰ったらまたサッコと会う機会もあるだろうか。こんな経験を二度もさせられた者同士、話も弾もう。  それから、『竜人族』の『リリィマ・ゼータ』という人もどこかに飛ばされたらしい。しかも遺跡の中じゃなく街中で。街では『白い光』の出現範囲が広まっているんじゃないかと警戒を呼びかけている。  まだ帰ってきていない……あるいは帰ってこれなくなった者たちも入れれば、他にもまだまだいるかもしれない。  『白い光』のメカニズムが解明され、これ以上被害が広まらないことを願う。  私達トレジャーハンターの活動は、そのために役立つだろうか。 【『琳彩楼』滞在記58日目-クアンの日記】  宿の部屋を引き払い、帰り支度をする。  明日『船』を攻略したらそのまま帰るつもりだ。  最後の漁、抜かりなくやってみせよう。 【『琳綾楼』滞在記58日目-トトテティアの日記】  明日でアル=ゼヴィンに帰るんだよね。  お船の漁、うまくいくといいなあ。最後まで頑張るぞー!
漁への参加
花魁の船 の確保に参加しました!
漁実績
更新回 船舶 呼称
1 お茶会の船
2 古地図の船